toggle

自分に合った神社

Pocket

 私は、自分に合った神社があると考えています。自分に合ったということは、自分が気に入ったということであり、その神社へ行くとなんとなく自分にとっていいことが起こった、あるいは何か災いから逃れられたということです。

 昔の人々は、そういう神社におられる神々を自分の守り神にしました。その守り神を拝み、信仰して、自分と自分に関わる人々の安寧を祈ったのです。

 この自分に合った神社を見つけるヒントを、私は昔の人々が語り伝えてきた民話や昔話を調べることで見つけました。そして、数多くのツアーでの参加された方々を人間ウォッチング(人間観察)した結果、確信に変わりました。

 それは象徴と呼ばれる人々が民話や昔話で語ってきた主人公や登場人物たちに表される人と神々の姿そして行動です。

 この象徴は、次の五つに分類されます。

  ・龍人 ・弁天 ・天狗 ・狐女 ・武士

 そして、この象徴は、次の五つの日本の古代信仰に関係するのです。

  ・龍神信仰 ・弁天信仰 ・天狗信仰 ・稲荷信仰 ・八幡信仰

 この五つの象徴は、人の象徴として次のような特徴を表します。

・龍人・・・魅惑的で人使いが上手い  相手を振り回す
・弁天・・・良妻賢母         生真面目
・天狗・・・道を切り開く       わがまま
・狐女・・・不思議な言動がある    嫉妬深い
・武士・・・滅私奉公         群れる

 女性は、龍人・弁天・天狗・狐女、男性は、龍人・天狗・武士に分類されます。どうですか。自分はこれにあてはまるとなんとなくイメージできますか。

 これらの象徴は、さらに細分化され、様々な分類があります。また組み合わせの相性も様々です。

 また、大切なことは、この象徴は素の自分である時に現れるものだということです。つまり、自分の本性が象徴なのです。

 麗しい女性が寝姿を覗き見ると実は蛇だったとか、鶴だったとか・・・という民話や昔話が全国に多く残されていますよね。

 これらの象徴は、自分に合った神社を見つけるヒントとなります。つまり、自分の象徴を自覚し、その象徴に関係する信仰がある神社へ行くと神々とのご縁が結ばれやすくなるというシンプルな考え方です。

 象徴は神々の象徴でもあるわけで、私は、こういう特徴の人がいたからこういう象徴が生まれ、やがてそれは神々として祀られるようになったと考えています。

 私のツアーは神社を巡るツアーですが、参加者さんがこの神社に合う、合わないと言われることが時々あります。これは、人同士にも似ていると思いませんか。あの人と合う、合わない・・・なんとなく。この「なんとなく」がとても重要で、自覚するヒントとなります。

 さて、京都には数多くの神社があり、信仰の中心となる神社が集まっています。つまり、

・龍神信仰  上賀茂神社  下鴨神社   貴船神社  八坂神社など
・弁天信仰  松尾大社   御苑厳島神社 宗像神社  白雲神社など
・天狗信仰  愛宕神社   鞍馬由岐神社 北野天満宮など
・稲荷信仰  伏見稲荷大社 折上稲荷神社 花山稲荷神社など
・八幡信仰  石清水八幡宮 大原野神社  吉田神社など

 もし、自分が龍人の象徴かもしれないと自覚したなら、上賀茂神社や下鴨神社、あるいは貴船神社などに参拝してみましょう。まず参拝してみて、しっかり自覚したならば、正式参拝をお勧めします。きっと何か、いろいろな面で変化が起きると思います。

 京都には、狭い範囲にこの象徴に関係する信仰の神社があります。数日で神社を巡ることが可能ですし、私のツアーでもっと知って参拝することが可能です。

 神社は知って行くといろいろなことがわかります。ツアーでは、ご希望される方には、もっとこの象徴のお話をします。

 では、最後に「自分の自覚した象徴以外の神社へ行ってもいいのでしょうか」という質問をよく受けますのでお答えします。

 もちろん大丈夫です。神々というのは、そんな小さな器ではありません。あなたの守り神とともにあなたを守り、導いてくださるはずです。

 神社の不思議を知り、自分に合った神社に出逢う、ツアーでお逢いしましょう。

 

Pocket